|プネ市内 フォトギャラリー

プネ市は大変広く、ITの工業団地も市郊外にひろく広がっています。その中の一つ、マガルパッタシティはゲートでかこまれたコミュニティでゲート内に工業団地、住居棟、ショッピングセンター、映画館(ショッピングセンター内)、クリニックなどがあります。

インドでは社内食堂が発達しています。各社、様々な形で社員および、そこに勤務する関係者が、社員食堂の利用をできるように整備しています。プネ市内はデカン高原にあり、年間を通じて「インド国内では」すごしやすいと言われています。イギリスの植民地に組み込まれるのは遅く、独自の建物がムンバイとことなり旧市街には多くみられます。

プネ市内からはアジャンタエローラ石窟寺院観光の拠点となるアウランガバード行きの長距離バスに乗ることも出来ます。