|日印技術交流協会について

一般社団法人 日印技術交流協会について

日印技術交流協会は日本とインドのIT産業の橋渡しを目的に設立されました。

インド経済、どんな印象をお持ちでしょう?

 

突然ですが、皆さんはインドにどんな印象をおもちでしょうか?ヨガ?カースト?IT?良いイメージもあれば、悪いイメージもあることと思います。もし、まだ一度も行ったことがないのであれば、一度いかれてみてはいかがでしょう?きっといままで持っていたインドのイメージが音をたててくずれていくことでしょう。

 

今、空前の経済発展をインドは、成し遂げつつあります。日本企業もたくさん進出しています。ITでは日本企業による現地IT企業のM&Aもみられます。そして、インドと言えば、あまり知られていませんが、親日の国でもあります。インドの製造業を訪問すると、その創業者が若かりし頃、日本のメーカーで技術研修を受けたという話を聞くことがあります。日本留学時代に経験したことを生かして、インドに戻って自分の会社をおこした。そして、今では会社の規模もおおきくなって、さらなる発展を目指している。そのために、日本の現役をしりぞいた技術者にインド人の若者の育成のために現地で、技術指導をしてもらえないか?そんな話をよく聞きます。日本での技術研修を受けた経営者の会社の業績は好調です。そのため、その会社を模範とする会社も続き、KAIZENと書いたポスターがたくさんの工場にあります。

 

 

また、成長著しいITについては大きく日本をリードしようとしています。日本とインドをとりまく関係は大きく変化しようとしています。一般社団法人 日印技術交流協会は、若手経営者に率いられたインドのソフトウェア会社の日本における営業活動をサポートしてきた実績を持っています。また、日本の学生を派遣し、現地のIT企業で、英語しか通用しない中で英語を使ったグローバルビジネスについて学んでもらう研修サービスを提供してきました。

 

皆さんは英語で、ジェスチャーにたよること無く、意思疎通ができますか?なまりのある英語を聞いて理解できますか?英語を使う=イギリス、または米国とのビジネスではありません。世界中で英語がビジネスに使われています。われわれの英語にも日本人特有のくせがあります。コミュニケーションツールとしての英語、ビジネスマンとしての基礎能力。これは世界で共通化されつつあります。

 

インドのIT産業を中心とするスピード経済を体感してみませんか?

以下に該当する方、よかったらインドで就業体験してみませんか?

①英語を使ったビジネスの実務を学びたい方、

②急激に伸びる経済環境下でのマーケティングの実務を学びたい方、

また、企業のご担当者の方でいかに該当する方は、一度、当協会のコンサルタントと話してみませんか?

③日本にはまだ無いもの、自社のUSPを模索中の企業の方、

④インド進出を検討にあたって、どこから、リサーチに着手するべきか迷っている方

お問い合わせ、お待ちしております。

 

当協会は当初、インドのIT企業の日本進出をサポート、および、それら顧問先企業への日本人大学生のインターン派遣を主な業務としてまいりました。(現在一時休止中)

創業時にいろいろご助力いただいた方たちとの縁を活かし、現在ではインドへの進出を検討中の企業のご担当者様のプレリサーチにも力を入れております。インドは日本人の目からみるとまだまだな所はたくさんありますが、グローバリゼーションをしっかり味方につけながら、自分たちの慣習や文化を大切にするしたたかさももっている不思議な魅力を持っています。もちろん、明るい面ばかりではありません。いまだに停電がある州もあります。だからこそ、インド進出を検討しすように会社から言われた。でもどこから手を付けたらよいかわからないという方はお気軽に当協会にお問い合わせください。