|プレリサーチのすすめ

政治経済両面で日本との連携を深めるインドですが、もし、インド進出をご検討しているのであれば、一度、当協会の専門コンサルタントに疑問点、不安点をぶつけてみませんか?(無料)

 

多くの日本企業がインドへの進出しようとしています。日本のメディアでは詳細が語られることはありませんが、その進出形態は業種によって様々です。かと思えば、一部の大手企業のように、インド企業との合弁に見切りをつけたところもあります。現地のケーススタディを参考に自社に適した形での進出を検討されてみてはいかがでしょう?

 

いくつかの代表的なケースをあげると。

①ホテルや外国人向けの高級アパートに駐在員を派遣し、オフィスはシェアオフィスを使用。

②現地企業への出資、あるいは子会社化を通じての進出。

③用地を手当てし、工場を建設し、日本人の技術者を送る形での進出

 

製造業は現地で売り上げを立てる必要がないことが多く、純粋に低コストの製造拠点としての観点から進出を検討します。この段階での日本企業の進出は既に一段落着いているといってもよいでしょう。現時点では、サービス業がインド進出を検討するに当たってのプレリサーチのステージにあります。すなわち、調達先としてのインド企業の技術力、あるいはコミュニケーション力など照会している最中といえます。

 

この次に待ち受けるのが、
①クレーム対応力の見極め。
②現地への日本からの社員の派遣を想定した下準備。
という動きになることが予想されます。

 

インドのビジネスは基本は英語で意思の疎通が図れます。しかし、彼らもビジネスを発展させるため、「盛って」きます。インドビジネスのレトリックになれるためにも当協会では、インド視察をおすすめしております。