一般社団法人 日印技術交流協会について

当協会のHPを訪問いただきありがとうございます。

一般社団法人日印技術交流協会は日本とインドのITビジネスにおける橋渡しを目的に2012年に創立されました。

 

創立当初は
@インドのIT企業のセールス担当者向けに日本市場での販路拡大のサポート
A日本の大学生をインド中部の都市、プネに送り、現地のスタートアップIT起業でのインターン事業
を中心に行ってきました。

 

ですが、2017年の創立5年目を迎え、また、提携インド企業が増大しつつあることを背景に、
IT企業に限定せず、学生に限定せす、インドでの研修事業を本格化させることとなりました。

 

当協会を使うメリットは?

インドでのビジネスでは英語が通じます。
そのため、当協会を経由することなく英語でダイレクトにやり取りをしていただくことも可能です。
その一方で、効率的とは言えない行政システム、複雑で州ごとに異なるビジネス環境など、
進出を検討するにしても、担当者がゼロから単独で情報を集めるにはあまりに広大な面がございます。

 

 

まだ日本に無いもの、インドにしかないもの、あたらしいUSP探しませんか?

ヨガやアーユルヴェーダなど日本でも見かけますが、本場のインドからみれば日本のそれは全体のごく一部を切り取ったものに過ぎません。
また、インド占星術などのスピリチュアル関連なども日本では紹介されていない領域はたくさんございます。
もちろん、フードビジネスにしても同様です。日本人の口に合いそうで日本未上陸、たくさんあります。

 

中国に代わる調達先をお探しのご担当者さま
新しいサービスを開発したいご担当者さま、
伸び盛りの企業でインターンをしたいMBAホルダーの方、
起業を検討中の方、
連絡をお待ちしております。